義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

FC2カウンター

フリーエリア

プロフィール

ちゃこ+おとーさん

Author:ちゃこ+おとーさん
ちゃこ:犬 雑種♀
+ちゃこのおとーさん
年齢: 12歳
(1997年11月1日生まれ)
おとーさん: 52歳
血液型:O型
おとーさんは4年前に大きな病気と手術を受けました。(脳梗塞+脳動脈瘤)
愛犬ちゃこの里親となって12年。北海道犬が混ざった雑種のメス。糖尿病となる。おとうさんが甘やかしたのがいけないのです。

ちゃこは2010年9月29日未明、虹の橋へ旅立っていきました。
享年13歳でした。

ちゃこのお誕生日

+享年13歳+ 2010年9月29日

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

どうも目が見えなくなってきたようです。

昨日あたりからちょっとおかしいなと思っていたのですが、どうも目が見えなくなってきているようです。両方なのか、片方なのかは分かりませんが。階段がうまく降りられません。
外に連れて行きました。カラスには反応するようですから、ぼんやり見えているのかも知れません。でも先週までのように走って追いかけるようなことはありません。
目薬のおかげで、目の潤いは取り戻しているのですが、視神経はけっこう弱っているようだと言われたから。

新年あけ一番に眼科の診療を予約してます。

インシュリンを3日前から2単位増やしたのですが、昨晩は14単位でやってみました。今まで13単位でしたから。

体重は徐々に落ちているのですが。

先週までものすごく元気に走り回っていたから。

ちゃこ01

2007年12月22日精進川公園
スポンサーサイト


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

白内障が現れてきた。

しばらく落ち着いていた。左目も順調に回復してきれいになった。この2,3日で右目が白くなってきていることに気がついた。眼科で見てもらった。白内障が出てきているらしい。体重がわずかに減ってきているので、糖尿病が進行していることも考えられると。

眼科での見解を内科の先生に伝えて、血糖値の管理をまずしなければならない。今日午後、内科の先生を受診して、血液検査を受けようと思う。新年あけ、また眼科へ行く。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

目薬と注射器

いま犬用の目薬は4種類使っている。一日1回から4回まで分けて注す。回数管理と目薬の種類の管理が大変だ。あまり家を空けられなし。しかし失明しないで治ってくれればと思う。犬のお医者さんにやってもらうわけにはいかないから、全部自分でやらなければいけない。

インシュリンの注射器は人間のものと同じだという。針先が細い。皮下注射だからどこに注してもいいと言われたが、なかなかさせる場所は決まってくる。注射の時間になると、観念して自分のあなぐらから出てくるが、痛くない注射の打ち方って無いものだろうか。「困ったらいつでも来てください。」と動物病院の先生は言ってくれるが、そうもいかない。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

毎日の注射

毎日1回、インシュリンの注射をする。インシュリンを作る器官が壊れてしまったから、インシュリンを補うために注射で補給しなければならないのだ。治る病気ではないから、注射は生涯打ち続けなければならない。

注射に慣れてきた、と思っていたのだがここ数日注射を嫌がる。注射が見えないように顔を押さえるのだが、皮下注射だから皮膚を引っ張る。全神経が注射の場所に集中しているようだ。痛いのかな?今日は打ち損じて、別の場所に残りを打った。

昨日、動物病院へ行ってインシュリンの薬をもらってきた。肝臓の薬も一緒にもらって12,000円。

インシュリンが効いてきているのか、すごく元気になった。体重も一時17kgもあったのが今は12kgくらいで落ち着いている。体が軽くなったせいか、鴨やカラスを追いかけるようになった。治ってもう注射しなくて済むのならいいのだが。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

目薬が効いてきた。

眼科のある動物病院でもらってきた目薬が効いてきたようだ。
目ヤニの状態が良くなってきて、目がだいぶスッキリしてきたようだ。

角膜の上の白濁のものはまだある。
ひかし、目ヤニが目の上を覆ってしまうようなことはなくなったから、なんか治りそうな気がする。

来週また動物病院を受診する。ここはペット・ホテルもやっている


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

犬の眼科へ行く。

ずっと目が悪かった。目の上に目やにが溜まるようになっていたから、時々湯冷ましで洗ってあげていた。先日「犬 眼科」で検索して、今日、眼科のある動物病院へ行ってきた。あるのですね、動物専門の眼科の病院が。

ドライアイで涙が流れにくくなっているらしい。角膜が痛んで見えにくくなっているとのこと。神経も弱っているとのこと、これは糖尿病からきているとのこと。
「治る」糖尿だから少し時間が余計かかるかもしれないが、治るとのこと。幸い白内障はまだ出ていないので、治療を受けることにした。
失明させたくない。
飲み薬と目薬をもらって、来週また受診することになった。
ここはペット・ホテルもやっている。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

ちゃこ糖尿病になる!

この夏、げっそり痩せた。散歩に出てもすぐに座り込んでしまうので、暑いからかな?くらいに思っていた。9月になって水の多飲が始まり、おかしいな、と思っているうちに食べたものを全部はいてしまうようになった。動物病院へ行った。血液検査の結果「糖尿病」だった。すぐにインシュリンの治療を始めた。

しばらく様子を見ながら、インシュリンの量を調節した。4日くらいで嘔吐は止まり、体重の激減も安定してきた。インシュリンが効いてきた。

これから毎日、注射を打たなければならない。


にほんブログ村 犬ブログへ


HOME

ブログ・ランキング

RSSリンク




  • seo

フリーエリア



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。